Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年04月19日

バイエルン撃破に燃えるスクリプニク「奇跡はいつだって起こり得る」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1460981460

土曜日にヴォルフスブルクから勝利を収めたヴェルダー・ブレーメン。火曜日には王者バイエルンとのDFBポカールが行われるが、スクリプニク監督は「ベストメンバーを使って、勝ち抜けるチャンスを模索したい」と、ローテーションを行わない考えを示し、「奇跡はいつだって起こり得るものさ。11人vs11人の戦いなんだ。チーム全体がチャンスのために戦わうことだよ」と意気込みを示した。


ただしこの試合では出場停止にあったパピー・ジロボジの先発復帰が見込まれており、ヴォルフスブルク戦から先発メンバーの入れ替えを行うことになるだろう。


主将のクレメンス・フリッツは「意欲的にプレーしてチャンスを模索しく。まずバイエルン戦にとにかく集中するよ」とコメント。その後には残留争いという点でも注目の北部ダービーが行われるが、「バイエルン戦が終わってからそのことを考えるさ。」と語っている。


3部得点ランク1位を獲得

ヴェルダー・ブレーメンは既報通り、3部ドレスデンからジャスティン・アイラースを獲得した。これまでブラウンシュヴァイクやボーフム、ヴォルフスブルクなどにも在籍した27歳のFWは、2014年にドレスデンへと移籍。現在は全34試合に出場して得点ランク1位となる20得点をマークしている。


マネージャーのアイヒン氏は「彼のことはチェックし続けていた。レギオナルリーガ、そして3部で成長を遂げた」と評価。


これによりブレーメンは来季に向けレナート・ティー(ザンクトパウリ)、タノス・ペツォス(ラピド・ウィーン)に次ぎ、3人目の新戦力を迎え入れることになる。





先発予想

ヴィートヴァルト – ゲブレ・セラシエ, ヴェステルゴーア, ジロボジ, S. ガルシア – フリッツ, グリリッチュ – S. ヤタバレ, ユヌゾヴィッチ, バルテルス – ピサーロ


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker