ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年05月29日

バウマン氏が描く首脳陣の構想

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bau8-1464512783

昨シーズンは苦しい戦いを強いられ、批判を受けていたブレーメンのコーチ陣だが、しかし新たにマネージャーに就任したフランク・バウマン氏は、就任会見にて来季も、同じコーチ陣で臨む考えを示し、延長も検討していることを明らかにした。「これからもこの形で、我々は取り組んでいくよ」なお今冬にはパフォーマンスの分析を行っていたアクセル・デルフース氏とは、アスティックコーチとしてさらに2年間の延長を結んでいる。


さらに心理学者の招聘についても示唆しており、シュレーダー氏が抜けたSD職には後任をおかず、アイヒン氏の右腕だったティム・シュタイテン氏がマネージャーのアシスタントとして、スカウトや代理人との交渉などを担う。それ以外の役職のプランについては特に明かしていないが、一方で同氏は「ここではスピードよりもクオリティが重要だ」との考えを示した。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報