ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月06日

ウジャーの中国移籍が確定

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

既報通り、アンソニー・ウジャーの遼寧宏運への移籍がブレーメンより発表された。ウジャーは「ここでの生活をとても気に入っていたから、とても難しい決断だったよ。それは冬の移籍を見送っているくらいにね」とコメント、しかし中国から届いた好条件に対しては「無視することは難しかった」と言葉を続けた。なお同クラブには、同じくブレーメンから移籍したアッサニ・ルキミアが在籍している。


マネージャーのバウマン氏によれば、ウジャーは今季の構想に入っていたとのことだが「数日前にかれからの移籍希望が伝えられた。そしていずれの関係者も納得できる条件がそろったところで、その希望を受け入れることにしたよ」と説明した。


25歳のナイジェリア人FWとの契約には、来年に移籍金800〜1000万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれており、今回手にした1300万ユーロはブレーメンにとっては決して悪くはないディールだったとはいえるだろう。


imageその一方でマネージャーのバウマン氏は、ウジャーの穴埋めの可能性は否定してはいないものの、ヴェステルゴーアやジロボジが移籍したCBの補強を目指しているところであり、kickerが得た情報によればフランス1部レンヌのファルー・ディアニェを注視している。


かつてフライブルクでプレー(57試合)した同選手は、2部降格にともない母国へと復帰。そこで主力選手として活躍をみせ、これまで42試合に出場した。


なお26歳のCBの獲得には移籍金200万ユーロを要するとみられており、水曜日にもブレーメンのメディカルチェックを受ける見通しとなっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報