ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年07月22日

定位置争いに燃えていたクラインハイスラーが負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

image

22人のフィールドプレーヤーと、4人GKが参加して行われた木曜日の練習では、ラシュロ・クラインハイスラーの姿がなかった。22歳のMFは内転筋に筋肉系の問題を抱えており、「8月の終わりまで」離脱することがマネージャーのバウマン氏より明かされている。


今冬にブレーメンに加入するも影に隠れることとなった同選手。しかし今夏に行われたユーロ2016では、ハンガリー代表の中でも特に目立つ活躍を見せて他クラブより関心。しかし「ブレーメンで定位置を確保したい」と残留を宣言し、新たなシーズンでの飛躍に燃えていた矢先だった。


バウマン氏は「もちろんこの時期は良いタイミングとはいえない。残念だよ。しかし早期復帰、そして離脱期間にあまり状態が落ちないことを期待している」とエールを送っている。


エッゲシュタイン弟に賛辞


18歳のヨハネス・エッゲシュタインに多くの賞賛の言葉が送られている。国内外からも注目された期待ののドイツU19は、夏季のトレーニングキャンプではトップチームに帯同。ここまで2試合出場したテストマッチで好印象を残しており、特に2試合目ではハットトリックをマークした。


マネージャーのバウマン氏は「とても満足しているよ」とコメント、またクラウディオ・ピサーロも「良い選手だ。とても大きなクオリティを持っているし、特に両足を巧みに操り、良いシュート力ももっている」と賛辞を送っている。


なおブレーメンには兄マキシミリアンも在籍。こちらもU23で実戦経験を積みながら、定期的にトップチームに昇格し、トレーニングにも参加しているところだ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報