Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月16日

ブレーメン、五輪代表バウアーの獲得を目指す

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bauer800-1471337740

ブレーメンでマネージャーを務めるフランク・バウマン氏はビルト紙に対し、インゴルシュタットに所属するロベルト・バウアーに対する関心を認める発言を行った。「我々はぜひ、ロベルトを獲得したいと思っているよ」そう明かした同氏はさらに、「彼自身も、ブレーメンへの移籍は想像できている」と本人も移籍の希望をもっていることを明かしている。


ただしインゴルシュタットは同選手を来季の構想に入れている上、仮に移籍に応じるとしても契約を2018年まで残していることから、それに見あった移籍金額を支払う必要がある状況だ。ただいずれにせよまずは、バウアーが五輪から戻ってから進展を見守ることになるだろう。


なおバウアーは複数のポジションでプレー可能であり、カウチンスキ新監督は本職のMFとして考えているが、昨年は左サイドバックとしてもプレーしており、ブレーメンでは五輪代表と同様、右サイドバックのオプションとしての獲得を目指している。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker