ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年08月24日

五輪代表バウアーがブレーメンへ移籍

FC Ingolstadt 04
FCインゴルシュタット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Bundesliga Fußball FC Ingolstadt 04 Saisoneröffnung im Audi Sportpark Einlauf der Spieler

ロベルト・バウアーが、インゴルシュタットからブレーメンへ移籍することが、両クラブより発表された。契約に関する詳細は特に明かされていない


バウアーは早速、水曜日から練習参加の予定で、金曜日に行われるバイエルンとの開幕戦でもオプションとなる模様だ。


インゴルシュタットのリンケSDは「ロベルトが移籍を希望した」ことを明かし、若手選手のステップアップさせるというクラブ哲学にならい、「難しい決断」ながら了承。「何の関係者も納得のいく答え」を見出せたとの見方も示している。


一方のバウアーは「完璧なステップ。ここの環境、ファン、そして伝統などはそうそう見られるものではない」と述べ、「できるだけ多くプレーしてチームに貢献したい」と意気込みをみせた。


スクリプニク監督は「セラシエとともに右SBのオプションということになるが、しかしMFでもプレー可能だよ」との考えをみせ、マネージャーのバウマン氏は「若くて伸びしろをもった、我々が望んでいた選手像にマッチしているよ」と評している。


2014年にカールスルーエから当時2部インゴルシュタットに加入した同選手は、そこでともに1部昇格、さらには残留も達成。昨季はリーグ戦24試合に出場し、今夏に行われたリオ五輪でもドイツ代表として出場を果たした。