ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年09月09日

ブレーメン、下部チームに送るのはヴォルフのみ

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

juzra
現在のトップチームのメンバーから、5選手ほど下部チームへと送ることが伝えられていたヴェルダー・ブレーメンだったが、しかし負傷により第4GKの立場となった元先発GKラファエル・ヴォルフのみとする判断をくだした。

その理由について、マネージャーのバウマン氏は「数多くの負傷者がでている」ことを指摘。現在ブレーメンでは今夏の補強の目玉クルーゼが長期離脱に入っているほか、ボランチのバルグフレーデの復帰時期も未定、昨季のチームの得点王クラウディオ・ピサーロや、左サイドバックでの先発が期待されるサンチアゴ・ガルシアもまだランニングメニューをこなしている状況だ。

その一方でセルビア代表のヴェリコヴィッチを除き、代表参加選手全員が怪我なく復帰を果たしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報