Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年10月23日

ヌーリ監督、サネとガルシアの起用を示唆

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

nouri800-1476914141
就任から2勝1分1敗。特に前節のレヴァークーゼン戦では勝利をもおさめたアレクサンダー・ヌーリ監督。週末の相手ライプツィヒは、昇格組ながらここまで無敗を継続しているところだが、この試合に向けても自信を覗かせている。

アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)

試合に臨む姿勢、チームスピリット、一体感。しっかりとこういったものをもってライプツィヒ戦に臨めると思う。彼らは我々に問題をつきつけてくることだろう。しかししっかりと準備して臨むよ。我々としては、少ないボールタッチで裏を突かなくてはいけない。彼らのプレスから、スペースも生まれるのだから、それを活かすことだよ。

今の雰囲気はいい。確信と自信を得られている。ただそれで気持ちを緩めないことだ。それではあまりうまくいかない。とにかく限界まで力を出すこと。成功を収めるためにはね。この街とこのクラブは深くつながっている。そして今のところは、私はそれを厄介とは感じず、むしろポジティブにみているよ。

…若手マネーについて
彼はプロとしてしっかりと取り組んでいるからね、だから信頼を置いている。もしもピサーロが戻ってくることになれば、我々はもっと創造性をもってプレーすることになるさ。

…若手ニャブリについて
いまのブンデスでは、いかにアウトサイドの選手が守備にいそしまなくてはならないかがわかるだろう。コンパクトに構えることが本当に重要なんだ。セルゲはそういった部分でも貢献できているし、彼のことはとても信頼しているよ。

…扁桃炎のサネについて
いまのところは、日曜日の試合にはいけるという感じだ。

…負傷明けのサンチアゴ・ガルシアについて
彼はレヴァークーゼン戦でとてもいいプレーをみせていた。あえて変える理由などないだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker