Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月10日

バルグフレーデが復調、ドロブニーは疑問視

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MF:フィリップ・バルグフレーデ

MF:フィリップ・バルグフレーデ



ブレーメンにいいニュースと悪いニュースが届いた。まずいいニュースは、ピサーロ、クルーゼに続いて、フィリップ・バルグフレーデもフルメニューに参加。

金曜日に行われるオスナブリュック戦では実戦復帰を果たす見込みとなっている。

ヌーリ監督も「経過は非常に良好だ」と目を細めた。

キャリアを通じて膝の負傷に悩まされ続けているボランチは、今夏に手術を余儀なくされており、「今はサッカーに燃えているよ。いい感じだ」と同選手。久々の実戦に向けて「膝がうまく持ちこたえてくれるといいね」と語っている。

その一方で前回の代表戦期間で、チェコ代表での練習中に手を骨折したヤロスラフ・ドロブニーについては、「フランクフルト戦ではまだ疑問符がつく」と指揮官はコメント。

さらにブレーメンではユヌゾヴィッチ(かかと)、グリリッチュ、そしてヴェリコヴィッチ(ともに背中)ら、代表参加を見合わせた3選手は、引き続き練習参加を見合わせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker