Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月24日

バウマン氏、ヌーリ氏への信頼を強調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1479999275
なかなか思うように成績が伸びず、最近では厳しい声もでてきたアレクサンダー・ヌーリ監督。マネージャーのバウマン氏はスクリプニク前監督の続投を「ミス」と断じ、ヌーリ氏の昇格を「いい決断だった」と後押しする発言を行ったが、ヌーリ監督は、「できれば自分についていいことを書かれている記事を読みたいね」とコメント。「我々は共にこの難しい状況を戦っていくよ」と意気込みを見せている。

そのためには結果が求められることになるが、負傷から復帰したマックス・クルーゼは「これから数週間で改善を目にすることができるだろう。このチームには這い上がっていくだけのクオリティがある」と胸を張った。

確かにクルーゼをはじめとして、ピサーロ、ドロブニー、バルグフレーデら、負傷離脱していた主力組が続々復帰しているところであり、ハンブルクとの北部ダービーではどの選手を起用するかにも注目が集まる。

なおハンブルクは決戦に向けてミニキャンプを実施したが、特にブレーメンが行わなかった理由については、ヌーリ氏は「うちはまとまっているし、チームスピリットも、いい雰囲気もある。ここでうまく準備ができるよ」と自信をのぞかせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker