Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年11月30日

古巣インゴルシュタット戦に臨むバウアー

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週末に迎えるインゴルシュタット戦は、ロベルト・バウアーにとっては昨季所属した古巣と対戦という意味あいもある。「インゴルシュタットでは、監督交代と1部2年目ということもあって苦戦は予想していた。ブレーメンでは残留争いは避けたいと思っていたんだけど」そんな願いも虚しく、今回は重要な下位同士による直接対決となった。

インゴルシュタットについては「あそこではいい経験もたくさんしたし友人もいる。相手ベンチにも試合後にいくつもりさ。自陣でロストしないようにしないと。相手はそれを狙ってくる」警戒。しかしそれでも「僕たちには個人のクオリティがあるし勝利しないと」との見方を示している。

今夏にはリオ五輪参加のため新天地でのキャンプにも参加できず、また実践もあまり得られなかったが「影響はない。コーチとトレーニングはこなしていた」とバウアー。久々に先発した前節のハンブルク戦では、失点の場面を自己反省しながらも、「コーチは満足していた」と強調。「残留争いにとらわれずに前向きに自分の仕事に集中して取り組んでいきたい」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker