ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月20日

デラニーが顔面を骨折

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

del_800-1487501330
週末のマインツ戦では、フリーキックから貴重な追加点をあげたトーマス・デラニー。しかし後半開始まもなくして、相手ペナルティエリアでの対人戦で負傷。そのまま担架でピッチを後にした。

初期診断では脳震盪の疑いがみられていたのだが、その後にマインツでの病院にて検査をうけた結果、顔面に骨折がみられているとのことで、手術の必要はなく「長期の離脱に入らないよう願っている」と、マネージャーのバウマン氏。

つまりは3月4日に行われるダルムシュタット戦ではオプションとなりそうだが、週末のヴォルフスブルク戦での出場は厳しそうだ。

なおブレーメンのボランチでは、フィリップ・バルグフレーデとフロリアン・グリリッチュが長期離脱の影響からなかなか抜け出せておらず、マインツ戦では若手マキシミリアン・エッゲシュタインにアピールの機会が与えられている。