ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年02月22日

エッゲシュタイン1号、チャンスを活かせるか

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4104
昨夏の移籍市場ではメディアに対して多く名前があがっていたマキシミリアン・エッゲシュタイン。しかしその理由は「期待の新星ヨハネス・エッゲシュタインの兄」という格好でしかなかったのだが、現在は下部チームでプレーする弟に対して、トップチームでの後半戦4試合中2試合で出場機会を得ているところだ。

そしてその2試合では、バイエルン戦で早々に交代をよぎなくされたピサーロの代わりに19分から、マインツ戦では同じく前半で交代をよぎなくされたデラニーの代役として出場しており、kicker採点3という及第点のパフォーマンスをみせている。

「エッゲシュタイン1号」の好調の原因として考えられるのは、自身の成長に加えて、ポジションをボランチに変えたという点もあげられるだろう。

元ドイツ代表主将シュヴァインシュタイガーと似たタイプである20歳のMFは、キープ力と戦術理解度、積極的な対人戦に向かう姿勢などにストロングポイントがある一方で、同選手と同じくスプリントに難も。

なおデラニーの負傷とフリッツの出場停止により、自身3度目となるブンデス先発出場も目前に迫っているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報