ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月14日

期待の星から5番手にまで降格したヨハンソン

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4465
昨シーズンでは、シャルケに移籍したディ・サントの後釜として、大きな期待を抱かれ加入したアーロン・ヨハンソン。今季は開幕から2試合続けて先発メンバーに名を連ね、第2節ではPKで今季初得点もマークしていたのだが、しかしヌーリ監督に交代して以降は、これまで一度も先発出場を果たすことができていない。

特に勝ち点10を稼いだここ4試合では、ヨハンソンは1分たりとも出場機会を得られておらず、FWの定位置争いのなかではクルーゼ、ニャブリ、ピサーロ、そしてバルテルスに次いで5番目の扱いとなっている。

しかしこれは決して理解できないものではない。途中出場となったアウグスブルク戦でもグラードバッハ戦でも、ヨハンソンはビッグチャンスのなかでそれをしっかりと活かすことができなかった。臀部の負傷による長期離脱の影響がまだ残っており、ヌーリ監督は「アーロンは練習でこれからもアピールしていかないと。再びチャンスをつかむためにね」とコメント、アルクマールより移籍金450万ユーロで加入した米国代表FWの奮起を促した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報