ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年03月22日

ニャブリ、代表戦あけの出場が疑問視

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gna8-1490100219
2日間の休養を経て、再び火曜日から練習を再開したヴァルダー・ブレーメン。しかしセルゲ・ニャブリはミュンヘンを訪れており、内転筋の問題について検査。ヌーリ監督は、まだ次戦での出場に希望を抱いてはいるものの、いまのところはまだ出場が危ぶまれているところだ。

そのためドイツU21代表では、ひとまず参加を遅らせているところだが、今回合流する可能性は低くなってきたとはいえるだろう。

なお筋肉に問題を抱えるマックス・クルーゼと、前節に打撲を受けたフロリアン・グリリッチュについては、今週終わりには復帰を果たす見込み。

一方で筋肉に問題を抱え、キムゼー湖へと戻ったフィリップ・バルグフレーデについては、いまだに見通しは立っていない状況が続いている。

ちなみにブレーメンは「リズムを崩さないようにする」(ヌーリ監督)ために、水曜日にオルデンブルクとのテストマッチを実施。

最近は5試合で勝ち点13を荒稼ぎするなど、状態が一気に上向いたヌーリ監督に対しては、ユヌゾヴィッチらチーム内から賞賛の声が上がっているところだが、指揮官は「それは仕事について評価されたということにすぎないさ」と冷静なコメントを残した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報