ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月14日

北部ダービー無敗のクルーゼ「僕たちは残留争いの中にいる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1492089680
今回で106回目を迎える伝統の一戦、ハンブルクとの北部ダービーが日曜に控えるヴェルダー・ブレーメンだが、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏は今回の試合について「熱い、闘争心がむき出しの試合となるだろう」と予想した。

最近8試合で6勝2分とV字転換を果たしたブレーメンは、一時は最下位に転じたこともあったものの11位にまで浮上。自動降格圏内となる17位インゴルシュタットとは勝ち点差7となり、むしろヨーロッパリーグ出場圏内となるフライブルクまでの勝ち点差5の方が短い距離となっている。

キャリアを通じてハンブルクには11戦無敗のマックス・クルーゼは「目的はわかっているし、タスクを果たすことに集中している。大口を叩く必要はないし、むしろ僕たちに必要なのは最近みせている勝利への意欲、闘争心、そしてサッカーを楽しむということだ」とコメント。「僕たちは残留争いの最中にいるのだし、上を見ることはないさ」と言葉を続けた。

なお今回の試合では、離脱していたラミーヌ・サネ、セルゲ・ニャブリ、フィリップ・バルグフレーデの復帰が「日曜の出場には楽観視されている」ことをアレクサンダー・ヌーリ監督は明かしており、またロベルト・バウアーについては「これからの練習をみて判断する」と述べるにとどまっている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報