ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月21日

古巣インゴルシュタット戦に臨むバウアー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

svw800-1492698513
週末に控えるインゴルシュタットとの一戦は、昨夏までプレーしていたロベルト・バウアーにとってはまさに古巣での一戦だ。「泥臭い試合になるだろうね」と予想したリオ五輪戦士は、「インゴルシュタットはとても空中戦に強い、そのことはきっちりと頭に入れておかないと」と警鐘を鳴らした。

またインゴルシュタットの印象については、「とても気持ちの強いチームだ。勇敢に戦いを挑んでくる」と述べ、「ぜひインゴルシュタットには残留を果たしてもらいたいと願っている。」とかつてのチームメイトらに対してエールも送っている。

ただしその一方で、「僕たちとしては、自分たちのプレーに集中しているし、ぜひこのいい流れを継続していきたいところだね。」と、最近9試合で7勝2分の勢いの継続を課題としてあげた。

これには指揮官のアレクサンダー・ヌーリ監督も同調しており、「もしも我々が自分たちのクオリティを100%発揮することができれば、今の流れを継続していけるだろうという自信はもっているよ。」とコメント。

インゴルシュタットについても「意欲と精力的なプレーをみせて、はじめて結果につながるものだと繰り返し強調している。まさにそれこそがインゴルシュタットだ」との見方を示している。

なおこの試合からは、6試合を負傷で欠場していたセルゲ・ニャブリが復帰。ここまでジョーカーとして活躍するフロリアン・カインツとともに、起用法についても注目が集まるが、ヌーリ監督は「両選手がオプションとして控えていることは嬉しいことだ。」と喜びをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報