ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年04月25日

ブレーメン、ピサーロとフリッツとの延長を用意

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

frtz800-1493124636
靱帯結合部の損傷により、長期離脱中にあるクレメンス・フリッツだが、復帰にむけて次のステップへと踏み出した。チュービンゲンにてボルトを除去。ただし今シーズン中での復帰については、すでに絶望となっている。

ただ来季もひきつづきブレーメンの袖を通すかについては、いまだ不透明となったままだ。昨季には一度現役引退を表明するも、残留争いの最中に撤回を表明。その際に1年契約を締結しており、いまだなおその決断は出せないままだ。

そんな中、マネージャーのフランク・バウマン氏は「もしもクレメンスが希望するならウェルカムさ」と、1年契約の用意があることを明言。さらにクラウディオ・ピサーロについても「同様」との見方をしめしており、契約のサインは選手自身へと託された形となっている模様。

36歳のフリッツは今季出場した18試合中17試合で先発出場。昨年の16試合では1あ試合以外全てに出場してきたが、同選手の離脱期間は新戦力のトーマス・デラニーが活躍をみせており、さらにフィリップ・バルグフレーデが先日負傷からの回復を果たしたばかり。

また38歳のピサーロについては、今季は出場した18試合のうち半分が先発となっており、主にジョーカーとしての役割がつづいている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報