ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年05月11日

冷静なグリリッチュ、ユヌゾヴィッチは病気

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

grillitsch8-1494430883
土曜日に行われるホッフェンハイム戦では、ブレーメンはCBニクラス・モイサンデルを累積警告のために出場停止となることが確定しているのだが、さらにMFズラトコ・ユヌゾヴィッチが病気のために練習参加を見合わせた。週末までに間に合うかどうかについては、これから様子見ということになる。

そのためより期待が集まることになるのが、ユヌゾヴィッチと同じオーストリア人MFフロリアン・グリリッチュだ。それは何もユヌゾヴィッチの穴埋めというだけではない。今季でブレーメンとの契約が切れる21歳は、来季から今回の相手ホッフェンハイムへ移籍することが決まっているのである。

しかしグリリッチュ本人は「個人的なところを意識するようなことはしたくない。まだこのチームには目標があるし、それを掴み取りたいと思っているんだ」とコメント。チームの視線の先にあるもの、それは久々の欧州の舞台への復帰だ。

ただその一方でもしもホッフェンハイムが勝利をおさめれば、チャンピオンズリーグへの直接の出場権となる3位争いで貴重な勝ち点3を手にいれることにもなる。だがグリリッチュは「だからといって、僕がロッカールームを入り間違えるとは思わないな」と冷静に答えた。

マネージャーのフランク・バウマン氏も「彼のハートも頭の中も今季終了までブレーメン色に染まっている」と信頼を強調。いずれにせよグリリッチュに注目があつまることは確かだといえるだろうが、逆にホッフェンハイムとしても重圧がかかる中でどういうプレーをみせるのかというところにも興味はあるだろう。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報