ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月18日

ブレーメン、パヴレンカへの関心を正式に認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


来季にむけてGKの補強を模索しているヴェルダー・ブレーメンだが、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏が、噂にあがったジリ・パヴレンカに対する関心を正式に認めた。

しかしまだいくつか、獲得に向けては障害が残されており、まず1つは移籍金額で200万ユーロを望むブレーメンと、400万ユーロを望むスラヴィア・プラハ側に差があること。そしてブレーメンの投資家からのゴーサイン待ちであること。さらにはこれからCL予選に望むプラハ側が同選手の穴埋めを見いだす必要があることがあげられる。

その一方でブレーメンは、パヴレンカとおなじチェコ出身のベテランGKヤロスラフ・ドロブニーとの単年契約の延長を模索。そこでは来季は若手ツェッターラーとの3人体制が想像されるが、しかしその一方でヴィートヴァルトの延長も考えにあるようだ。

だが後半戦で活躍をみせながらも監督からの信頼を勝ち取れなかったヴィートヴァルトには、仏1部ナントが関心を示しており、パヴレンカ獲得となればツェッターラーをレンタルする方法も考えられるものの、やはり延長に応じることは厳しいといわざるをえない。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報