ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年06月28日

ヴィートヴァルトはこのまま退団か

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日にチェコ代表GKイリ・パヴレンカを獲得したヴェルダー・ブレーメン。その一方で今季先発を務めたフェリックス・ヴィートヴァルトとの交渉には新たな展開がみられており、どうやら退団という流れで決着を見ることになりそうだ。

マネージャーを務めるフランク・バウマン氏は「みんなで答えを模索した」と、同選手と話し合いを行ったことを認めており、おそらくは数日以内にも決着をみることになるだろう。

後半戦で活躍をみせたヴィートヴァルトだが、ヌーリ監督からは信頼を得るにはいたらず、ブレーメン側は特に移籍金の駆け引きをしていくのではなく、50万ユーロ程度で売却に応じるものとみられる。

なお移籍先としては当初、仏1部ナントが浮上していたものの監督交代で状況に変化。kickerが得た情報によれば英国2部リーズへと向かっている模様で、同じく獲得をめざすPAOKにはチャンスはないようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報