ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年07月09日

ブレーメンのモイサンデルが大腿筋を負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日に行われたアヤックス戦では、相手チームの若手選手が心臓発作で病院へ緊急搬送されるという出来事が起こったが、その一方でブレーメンにも負傷者がでている。

ニクラス・モイサンデルが筋肉を損傷して、これから精密検査を受けることとなった。前半31分にモイサンデルは、相手選手との対人戦によって大腿筋を損傷。

それからしばらく治療を受けていたものの、最終的には交代の決断を下している。そして日曜日にブレーメンが発表したところによれば、同選手は月曜日にも精密検査を受ける見込みとのことだ。

昨夏にブレーメンへと加入した32歳のフィンランド代表CBは、30試合に出場してkicker採点平均3.43をマークした。


その一方でブレーメンは、既報通りクラウス・フィルブリー代表取締役との契約を延長したことを発表。マーケティングとマネジメント、金融のエキスパートとは2020年までの契約を結んだ。

そのフィルブリー氏は、先日中国のオンラインゲームメイカーとのスポンサー契約を発表したが、さらにチャン・ユニン効果によってもう1つの中国企業を迎え入れることも明かしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報