ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月18日

開幕からタフな3連戦を前に、バルテルス「良い腕試し」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


開幕からのつまづきが、いかにその後に大きな影響を及ぼすものか、それは昨シーズンにヴェルダー・ブレーメンが身を以て体験したことだ。開幕から3連敗を喫してからは、ブレーメンは長い間残留争いを演じる結果となっている。

そして迎えた今シーズンは、昨季4位のホッフェンハイム戦にはじまり、次戦は王者バイエルン。代表戦期間をはさんで、ヨーロッパリーグ出場のヘルタ・ベルリンとの戦いが控えているところだ。

フィン・バルテルスは「良いタスクじゃないか。ここから成長できるチャンスもあるだろうし、どのみち戦いは避けられないのだから。良い腕試しだと思うよ」とコメント。一方のアレクサンダー・ヌーリ監督も「昨季にホッフェンハイムから勝ち点をとっているんだから」と自信をのぞかせる。

特に昨季の後半戦では飛ぶ鳥を落とす勢いで、最下位争いから一転、欧州の舞台を争うまでに飛躍をとげており、今季最初の公式戦DFBポカール1回戦でも快勝。良い流れにあるところだ。ただこの試合ではバルテルスは出場停止によりカインツが出場。アピールの成功した。

バルテルスは「カインツは不慣れなポジションで本当にとてもうまくやっていたと思うけど、僕は体調も良いしもちろんプレーしたい。誰だってそうだろう?でも何よりチームの成功が優先ではあるけどもね。誰がプレーしてもそこがブレてはいけない」と指摘。これにはヌーリ監督も「良いポイントだ」と述べ、「みんなで前に進んでいくということ。自分のエゴを前面に押し出すようなことがあってはならない」と語っている。

ブレーメンの先発予想:パヴレンカ – Ro. バウアー, L. サネ, ヴェリコヴィッチ – ゲブレ・セラシエ, M. エッゲシュタイン, アウグスティンソン – ゴンドルフ, デラニー – バルテルス, M. クルーゼ

ブレーメン、メインスポンサーと延長に成功



ヴェルダー・ブレーメンはメインスポンサーを務めるヴィーゼンホフ社と、2020年6月まで延長することで合意に達した。これは両サイドから発表がなされたもので、これにより同社は、5年間メインスポンサーを務めたDBV保険を抜き、メインスポンサー最長期間を務めることになった。

2012年からメインスポンサーを続ける地元企業との延長に、クラウス・フィルブリー会長は「どのような時期にあっても信頼できるパートナーであり続けてくれたし、我々は進む道に深く理解を示してくれている」と大きな喜びを見せている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報