ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年09月05日

ブレーメンのゴンドルフ「これからはオフェンスの改善を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


火曜日に行われた練習には、自転車で現れたジェローム・ゴンドルフ。「何がそんなにおかしいんだい?今日はいい天気だし、僕はいたって普通の人間だよ」そう明るい表情を浮かべると、代表戦期間後に迎えるベルリン戦にむけて、「以前にダルムシュタット時代でゴールを決めて1部残留を確定させた相手。そういうポジティブなところはもちろん覚えているよ」と言葉を続けた。

ただその一方でチームは開幕から2連敗を喫して最下位に転じているが、このことについては「代表戦期間で1度も気にしたことがないね。この世界には長くいるし、2試合くらうでどうこうなるものではないさ。逆の結果でも同じだっただろう」とコメント。ホッフェンハイム、そしてバイエルンとの強豪を相手にした連敗に「別に僕はへこんでいるわけではないよ」と言葉を続けている。

「僕たちは自分たちが特に取り組んでいた部分は実践できていた。それはもちろんコンパクトに構えるということ。そうなればオフェンスにも障害はどうしてもうまれてしまうもの。でも基本的にまずはコンパクトの構えて失点を減らすというのは正しいことさ。これからはコンパクトさを保って、オフェンスを改善していくことだよ」

そこでブレーメンは今夏の移籍市場で、滑りこみでスタンダール・リェージュからイシャク・ベルフォルディを獲得。「これによりさらにフレキシブルになるね。監督は豊富なオプションをFWに手に入れたんだ」と評価し、さらに今回の代表戦期間では、デンマーク代表のトーマス・デラニーがハットトリックをあげており「そういったことがチームにとても好影響をもたらすものだ。」と期待感を示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報