ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月17日

選手たちはヌーリ監督を擁護、バウマン氏「課題はポゼッション時」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


すでに先週の時点で主将のズラトコ・ユヌゾヴィッチをはじめ、ラミーヌ・サネ、フィリップ・バルグフレーデ、そしてテオ・ゲブレ・セラシエらが、ここまで開幕から未勝利のアレクサンダー・ヌーリ監督への支持を表明していたのだが、8戦未勝利となった週末の試合後も、今度はトーマス・デラニーが賛辞を送っている。

「モチベーションや気持ちを伝えるという点で、僕のこれまでの中で最高の指揮官だ。アレクサンダー・ヌーリは、とても包容力があり正直に話ができる指揮官なんだよ。問題はあくまで僕たち選手側にある。僕たちがプランをしっかりと実践できていないということなんだ。」


そしてマネージャーを務めるオリヴァー・バウマン氏は、「今週はメンタル面に取り組むこと、そしてボールをもった時に打開策をみつけることだ」と選手たちへの課題を語った。

「特に我々はボールをもったときのプレーを改善していかないといけないよ。改善を冬まで待つわけにはいかない。これから数週間のうちに勝ち点を重ねていかなくては」

ブレーメンは週末に現在最下位に転じるケルンとの重要な最下位争いが控えており、その翌週にはポカール2回戦ホッフェンハイム戦を経て、今季好調のアウグスブルク戦が控えている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報