ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月09日

将来が不透明なコーフェルト暫定監督「問題ではない」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日にアレクサンダー・ヌーリ監督が、開幕から10試合未勝利の責任をとる形で解任となったヴェルダー・ブレーメン。そのためU23から暫定監督として昇格したフロリアン・コーフェルトは、続くフランクフルト戦、そして現在の代表戦期間でもトップチームで指揮をとっている。

その一方でヴェルダー・ブレーメンは、そのコーフェルト氏も含めて、次期監督を模索。コーフェルト氏にとっては将来が不透明となった状態がつづいているが「まったく問題ではないね」と同氏はコメント。

「誰が意義ある指揮官であるのか、その議論については私だって理解できるものだ」と理解を示し、さらに後任模索の情報については「バウマン氏とは密接にコンタクトをとっているよ」と説明。

次節は昨季2位の強豪ライプツィヒ戦が控えているところだが、「誰が次の試合でベンチに座るのか、それは関係のないことだ。日々、ベストの結果を残していくために取り組むのみだよ」と意気込みを見せた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報