ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年11月29日

ユヌゾヴィッチ復調で、先発から外れる選手はいったい?

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


筋肉系の問題により、週末のライプツィヒ戦では予想外で欠場となったズラトコ・ユヌゾヴィッチ。火曜午後の練習からは、ブレーメンはキャプテンとともにトレーニングをこなしており、そのままフルメニューで参加。しかしその一方で、フロリアン・コーフェルト監督は週末の出場に向けては、まだあくまで慎重な姿勢をくずしていない。

「ズラディの穴埋めは、我々にとっては非常に難しいタスクなんだ」そう火曜日に語った指揮官は、「この1週間の様子をしっかりチェックしていって、もしもフィジカル的に問題がなければ、出場を決定する議論の余地などないよ」とコメント。

もともと同選手は今夏、足に問題を抱えて離脱していた経緯があるのだが、これについては現在は「まったく体調面での問題はない」と指揮官。「ただなぜ、突如として筋肉系の問題が起こってしまったのか。それは本人含めみんながおどろいていることだよ。ただこのまま順調にすすみ、週末には出場できるよう期待している。彼はうちにとって重要な柱なんだ」と強調している。

ただもう1つのコーフェル監督にとっての課題は、確かに敗戦を喫したとはいえ、ライプツィヒを相手に善戦をみせた布陣のなかから、いったいどの選手の入れ替えを行なっていくかということだ。

まず候補となるのは、この時は圧倒的なオフェンス力を誇るライプツィヒを意識して採用した3バックから、ラミーヌ・サネを再びベンチに戻すということだろう。もしくは中盤のデラニーやエッゲシュタイン、バルグフレーデのいずれかの選手が入れ替わることになるかもしれないが、果たして指揮官の決断はいかに・・・?


  • ブンデスリーガ・各チーム情報