ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年12月16日

バルテルスの代役はカインツ?ベルフォディル?

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日にはズラトコ・ユヌゾヴィッチとフィリップ・バルグフレーデの2選手が、筋肉系の問題により先発からはずれたブレーメン。だが週末では再びオプションとなる見通しであり、フロリアン・コーフェルト監督は「みんなオプションとなるかもしれない」と期待感を示した。

だがその一方で、アキレス腱を断裂したフィン・バルテルスは今季すでに離脱が確定。その代役を務めたフロリアン・カインツは、水曜日はアピールを果たせてはいないものの「たった一人の選手のせいにすることは誤り。深い位置になかなかいけなかったが、それはそれまでの繋がりがあってのことなんだ。それに相手がレヴァークーゼンという強豪だったこともあるしね」と擁護した。

ただその一方で、カインツやバルテルスのようなスピードに長けたタイプではなく、大型MFとして今夏に加入したイシャク・ベルフォディルもまた代役候補の一人であり、「彼は先発候補の一人ということになる。彼に期待していることについて伝えたが、テンポドリブル空中戦での強さなど、彼の存在をPA内で示してもらう必要がある」と要求を述べている。

なお今回の相手、マインツについては「チーム状況も影響して読みにくい相手だ。だからフレキシブルに構えていこうと思う」と述べ、「ホームではとにかく勝利を収めたい。それは相手の形どうこうに関係なくね。選手たちにはストロングポイントをみせ、試合をコントロールしてもらいたい。決してマインツをなめるようなことなどなく。今は降格県内から脱出して年をこせるチャンスがあるんだ。」と意気込みを示した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報