ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年03月02日

ブレーメン、ユヌゾヴィッチとバルグフレーデの延長に自信

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


シーズン終了後にはブレーメンとの契約が切れる、ズラトコ・ユヌゾヴィッチとフィリップ・バルグフレーデ。果たしてブレーメンは、長きにわたりブレーメンを支えてきた二人の中盤の主力選手を無償で手放すことになってしまうのだろうか?

2012年からブレーメンでプレーするズラトコ・ユヌゾヴィッチについて、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏は「話し合いを行っている。彼はとても重要な選手であり、我々は前向きに捉えている」と述べ、さらに2004年から在籍するフィリップ・バルグフレーデに至っては「心配はいらない」と、さらに自信をのぞかせた。

またフロリアン・コーフェルト監督は、バルグフレーデについて「彼はブレーメンを代表する選手であり、対人戦での強さとプレー面での質の高さをもチア合わせた選手だ。信頼をよせているし、他の選手からもリスペクトされている」との評価を語っている。


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報