ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年05月30日

西野ジャパン、ガーナ相手にゴール奪えず敗北…FKとPKで失点を許す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018 FIFAワールドカップ ロシアに挑む日本代表は30日、キリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦した。

 スタメンには、川島永嗣、槙野智章、長谷部誠、吉田麻也、長友佑都、山口蛍、大島僚太、原口元気、宇佐美貴史、本田圭佑、大迫勇也の11人が選ばれた。また、日本代表として初陣を飾った西野朗監督は3バックを採用した。

 最初にチャンスを作ったのは日本だった。5分、宇佐美のヒールパスで左サイドを突破した長友が早い段階でクロスを上げる。ペナルティエリア内でボールを受けた大迫がシュートを放ったが、これはGKの正面に飛んでしまいネットを揺らせなかった。

 攻めていた日本だったが、9分に自陣ペナルティアーク内でFKを与えてしまうと、トーマス・パーティーに壁の間を抜くシュートを決められてしまった。

 先にゴールを奪われた日本は、ガーナのゴールマウスに襲いかかる。28分、相手ディフェンスラインの裏を狙ったボールに、右サイドから走り込んだ原口が受ける。切り返してからクロスを上げると、待っていた大迫がヘディングシュート。しかし、このシュートは枠を外れてしまう。

 さらに32分、本田のFKが相手GKに防がれてしまい左サイドのCKを獲得。ゴール前へ上がったボールに、ファーサイドで待っていた本田が胸トラップからシュートを放ったものの、GKのファインセーブにあい、点差を縮めることはできなかった。

 後半に入ると、日本は原口、宇佐美、大迫に変えて、酒井高徳、香川真司、武藤嘉紀をピッチに送り込み同点を狙う。

 だが51分、ペナルティエリア内に進入したエマニュエル・ボアテングと川島が交錯してしまい、PKを与えた。これをボアテングに決められて、点差を2点に広げられた。

 その後は惜しいチャンスもあった日本だったが、最後までゴールを奪うことはできず。最終スコア0-2でガーナ相手に敗戦を喫した。

 日本は翌日の31日、W杯に臨む23人のメンバーを発表を予定しており、本大会では6月19日にコロンビア代表、25日にセネガル代表、28日にポーランド代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 0-2 ガーナ代表

【得点者】
0-1 9分 トーマス・パーティー(ガーナ)
0-2 51分 エマニュエル・ボアテング(PK)(ガーナ)

西野監督、初陣を勝利で飾れず「W杯前に国内でいい試合できず残念」

 日本代表は30日、キリンチャレンジカップ2018でガーナ代表と対戦して0−2で敗れた。試合後、西野朗監督がコメントを残した。

「トライはたくさんできましたけど、結果を出すことが大前提なので、それが出なかった。半年国内で試合やってませんでしたから、W杯前にぜひいい試合をと思いましたけど、残念です」

「時間と共に機能しているところもありました。選手も入れ替えながら、コンビネーションも確認しながらになりました。決定機も何本かありましたし、ああいうところでなかなかリズムが取れない。まあ、序盤入り方はスムーズではなかったと思います」

「メンバーも含めて今日の試合だった。かなりゲームから遠ざかっている選手たちもいて、そういうチェックもできた。ただ、そういうなかで23人にしなければいけない」


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報