ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月06日

ブレーメンのゴンドルフ、フライブルクへの移籍迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


kickerが得た情報によればSCフライブルクは、ヴェルダー・ブレーメンからジェローム・ゴンドルフの獲得へと迫っているようだ。数日以内には確定するものとみられており、移籍金額は100〜150万ユーロとなる模様。

29歳のMFは、まさにフライブルクが求めるクオリティをもたらす選手だといえるだろう。中盤を主戦場とするゴンドルフは、対人戦に強く、ダイナミズムがあり、相手選手にとって厄介な存在だ。

一方でフライブルクでは、長年に渡り主将を務めてきたユリアン・シュスターが現役から引退。その穴埋めとして、かつてダルムシュタットでもプレーしたベテランボランチへと白羽の矢をたてている。

カールスルーエ生まれのゴンドルフは、これにより同州に位置するフライブルクへと帰還。フライブルクにとってはドミニク・ハインツ、ルカ・ヴァルトシュミット、マーク・フレッケンに続く、4人目の補強だ。

メラー・デーリが2部ザンクトパウリ残留


2部ザンクトパウリは、マッツ・メラー・デーリを完全移籍で獲得したことを発表した。フライブルクからレンタルにて加入していた、23才のノルウェー代表MFは、あらたん2021年までの契約にサイン。シュテーファー代表は「重要なキープレイヤー」の獲得に喜びをみせた。「俊敏でキープ力があり、闘争心も持ち合わせた選手だよ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報