ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月07日

フライブルク、ブレーメンからMFゴンドルフ獲得を発表

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


水曜日にkickerではお伝えしていた通り、SCフライブルクはヴェルダー・ブレーメンから、ジェローム・ゴンドルフを獲得したことを発表した。なお契約に関する詳しい情報については、両クラブの取り決めにより特に明かされてはいない。

これまでブンデス1部83試合に出場(ダルムシュタット時代に62試合、ブレーメン時代に21試合)、ブンデス2部では30試合(ダルムシュタット)でプレーした経験を持つ同選手について、フライブルクのヨッヘン・ザイアー代表は「長い間チェックしていた選手だ」とコメント。

「彼は我々にとって、中盤と前線のつなぎ役を担ってくれることだろう。彼は高いレベルでのフレキシブルさ、そして戦術理解度をもつ選手だ。それに彼の性格やメンタリティといった部分も、チームに好影響をもたらしてくれるものだと思っている」

昨季リーグ戦21試合、ポカール2試合で出場したゴンドルフ放出を決断したブレーメンのマネージャー、フランク・バウマン氏は「彼の移籍の希望を聞き入れることにした。ジェロームは今季ブレーメンにて心を1つにして全力で戦ってくれた選手だ。そのことに感謝すると同時に、今後の彼の健闘を祈っている」とエールを送っている。

一方のゴンドルフは、今回の移籍について「フライブルクに加入できて嬉しいし、このクラブが抱く哲学や方向性という部分でも楽しみなところがあるよ。ここで何かやれる、僕はそう思うしそのために貢献していきたいと思う」と意気込みをみせた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報