ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月13日

ブレーメン、スウェーデンU19代表フェリックス・ベイモ獲得

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


既報通りヴェルダー・ブレーメンは、フェリックス・ベイモを獲得したことを火曜夕方に発表した。スウェーデンユース代表DFはこれから、ブレーメンにて右サイドの定位置争いの活性化が期待されている。移籍金額は約300万ユーロ。

「フェリックスは若く、非常に志の高い選手だ。右サイドバックの定位置争いを激化させてくれるだろう。説得できてうれしいよ」と、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏はコメント。

2006年より所属したスウェーデンのIFブロマポイカルナで育成され、昨年の3月よりユールゴーデンIFに移籍した同選手は、そこでスウェーデン1部リーグ戦37試合に出場。3得点5アシストをマークしており、さらにここまでのユース代表では全ての世代で選出されているところだ。

なおブレーメンにとっては、左サイドバックの主力を務めるルードヴィヒ・アウグスティンソンに続く、二人目のスウェーデン人選手ということになるが、バウマン氏は「アウグスティンソンの助けも受けながら、チームに早く馴染むと思うし、早いうちから力を発揮してくれることだろう」と期待感を示した。

また契約期間については、長期間という以上に特に明かされることはなかったが、今回に加入にあたりベイモは「ブレーメンは名前の通った、そして伝統ある、大きなポテンシャルをもった分ですのクラブ。そして若手選手がこれまでにいい成長をみせていて、それはアウグスティンソンからも見て取れたことだよ」と述べ、「これから迎える新しいチャレンジ、ヴェーザー・シュタディオンと、ここでのものすごい雰囲気を楽しみにしているよ」と喜びをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報