ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月18日

ブレーメン、アウグスティンソンとパヴレンカの残留を強調

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴェルダー・ブレーメンには、これ以上の主力選手の流出する用意はない。これまで根強く他クラブからの関心が伝えられてきたGKジリ・パヴレンカだが、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏は、改めて同選手を売却しない考えを強調した。

「パヴレンカは自身の立ち位置を非常に明確にしているし、それは我々とってもまったく同じことだ。つまりはこの問題については、我々は終了を宣言することができるよ。」

昨夏にスラヴィア・プラハからブレーメンに加入したチェコ代表は、移籍初年度から守護神として活躍を披露。リーグ戦、そして国内カップ戦でも共に全試合でフル出場を遂げており、リーグ戦ではkicker採点平均2.76、国内カップ戦でも2.67と好成績をおさめている。

同じく昨夏にブレーメンに加入し、左サイドバックの主力の座を確保することに成功したスウェーデン代表ルードヴィヒ・アウグスティンソンに対しても、フラムからの関心などが伝えられているところだが、「ルードヴィヒとブレーメンはすでにはっきりとさせているし、それに変わることはない」と残留させる方針を明かした。




  • ブンデスリーガ・各チーム情報