ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月25日

屈強DFにも引けを取らず…大迫勇也「少なからずチームの力になれた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は24日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦でセネガル代表と対戦。相手に2度先制を許す苦しい展開も、乾貴士と本田圭佑の得点で追いつきドローに持ち込んだ。

 大迫勇也は得点こそならなかったが、最前線で体を張ったプレーで奮闘。「僕が戦うことでチームは生きると思ったので、やり続けました。相手はすごく大きくて重かった。なかなか僕自身がゴールに向かうプレーは少なかったですけど、その中でも少なからずチームの力になれたと思います」と胸を張った。

 日本は1勝1分けの勝ち点「4」となり、2大会ぶりのグループステージ突破に一歩前進した。日本代表のファン・サポーターに向けて「皆さんの声援は力になります。最終戦、僕らは全力を尽くして突破できるように頑張るので、応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。




きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報