ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月03日

2点先行も3失点…大迫勇也「リードしてからの試合運びが良くなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表は2日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。原口元気と乾貴士のゴールで2点を先行したものの、3失点を喫し逆転負け。今大会はベスト16となった。

 先発フル出場を果たした大迫勇也は「今は難しい。本当に悔しいですし、2点をリードしてからの試合運びが良くなかったと思います」と振り返った。

 2点のリードを奪った後、選手たちは「引きすぎずに前」の意識を持ちプレーしたものの、「後ろに重心がかかってしまって相手の思う壺になってしまった」。「1点取られて流れが傾いたのは事実。2-0のリードをもっと意識すべきだった」と悔やんだ。

 最後に「正直本当に悔しい。応援してくださってパワーをもらっただけに、こういう結果になって申し訳ない」とコメントした。


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報