ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月09日

新主将に就任のマックス・クルーゼ「もっと責任を担っていきたい」

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンより、ヴェルダー・ブレーメンの新主将へと任命されたマックス・クルーゼ。メディアから体調面などについての質問が寄せられると、「毎年同じ質問をきくけど、ネタ切れになった時用の質問なのかい?」と返答。 「僕の記憶が確かであれば、来週の土曜日からシーズンははじまる。もしもその時までに体調が出来上がっていなければ、まぁそんなことはないだろうが、その時は遠慮なく非難を浴びせてくれ」と言葉を続けた。

  なお主将という任務については、「主将として、もっと責任を負っていきたい」とコメント。「僕は操り人形にはならないよ」と述べ、「そもそもそこまで大きな変化が必要なわけではないけどね。ずっとチームメイトやクラブから僕の取り組み方について評価してもらっているし、そうじゃないとキャプテンになって任命してもらえるものじゃないと」と付け加えている。

  「重要なことは、僕たちがコミュニケーションをはかり、同じ考えを共有していくということなんだ。」とクルーゼ。「チームの目標に向かって、そしてチームの決め事などについても、僕たちはしっかりとラインを保って取り組み続けていきたいと思うよ」

 なおその目標については、「この順位ということはない、でも僕たちはもっといい結果を残せるだけのクオリティはもっていると思う。それは順位についても同じことだ」と語っており、「僕たちとしては成功をおさめていきたい。リーグ優勝を狙うとかそういうことではないけど、でもそれから下のことに関しては面白いんじゃないかと思うね」と闘志を燃やした。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報