ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月06日

ブレーメン、フランク・バウマン氏との契約を延長

SV Werder Bremen
ヴェルダー・ブレーメン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りヴェルダー・ブレーメンは、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏との契約を2021年まで延長したことを発表した。ヴルツブルク出身の同氏は、1999〜2009年までブレーメンに選手として在籍。ブンデス1部260試合に出場している。ドイツ代表としての経験ももち、現役引退後はクラウス・アロフス氏の下でアシスタントとして従事。2016年からはトーマス・アイヒン氏の後を引きつぐ形で自らがマネージャーとなり、競技部門の代表を務めている。

 バウマン氏は、「我々はここ数年で数多くのプロジェクトをスタートさせてきた。それを継続的に、一貫性をもって取り組み、そして成功という形で実を結ばせていきたいと思っている。」と意気込みをみせ、またマルコ・ボーデ相談役会会長は「フランクはこれまで数年に渡り、我々の期待に応えてくれきた。首脳陣と結託して新たなストラクチャーを構築してくれた」と述べ、その高い「専門知識」のみならず、「謙遜」と「落ち着き」、「意欲」と「目的意識」といった姿勢に対しても高い評価を述べた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報