ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月31日

手応えを感じるアウグスブルク

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|昨年はポカール1回戦でまさかの敗退を喫したアウグスブルク。今年はどうしてもそれは避けたい主将のフェルハーフは、これまでの準備期間では好印象を抱いている模様だ。

"Körperlich kommen wir langsam an die 100 Prozent ran": Augsburgs Kapitän Paul Verhaegh.
いい形でこれていると思うね。フィジカル的には、徐々に100%になって生きているとこだ」と語ったフェルハーフは、来週に迫ったポカール1回戦にむけ「みんなあと1週間で開幕することが頭に入っているし、既に本気モードになっているよ」と意気込みを見せた。
また先日のテストマッチでは「無得点に抑えられたことは良かった。集中していたね。相手は全力で立ち向かっていたけど。でも僕たちはもう少し点を取れたようにも思う」とコメント。
一方のヴァインツィール監督も、チャンスの活かし方には苦言を呈したが「いい形で準備期間を過ごせた。これを必要としていたんだ」と手応えを口にしている。
kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報