ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月25日

予想より早い回復を見せるシリグ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルムシュタット|大腿筋の問題で6週間の離脱とみられていたシリグだが、ここにきて順調な回復ぶりを見せている。
Durfte zeitweise schon wieder mit dem Ball am Fuß trainieren: Darmstadts Sandro Sirigu.
「もう1週間はランニングをしているし、最近ではボールを使った軽い練習もしているよ。ここまでの回復にはとても満足だ」と明るい表情を浮かべた同選手だが、しかしチーム練習復帰には慎重な姿勢を見せた。
「それは見てないことにはね。筋肉の問題はそう簡単なことじゃないし。自分で良い感じだと思えて、医師からもゴーサインが出れば、またフルで臨むことができるよ。そう長い先ではないと前向きに考えてはいるけれど」
早期の復帰はダルムシュタットにとっては朗報だ。今オフではバログンがマインツに移籍、いまだ新戦力の確保には至っていない。
自身にとってはブンデスデビュー戦を開幕先発で迎えるチャンスでもあるのだが、シリグは「怪我には残念だけど、がっかりしても仕方がない。サッカーに怪我はつきもの。できるだけ早く復調することに集中したいし、実際に良い形でこれている。フィットネスコーチの助けで、またチームに早く復帰できるさ」と語った。

kicker.de

最近のダルムシュタット関連記事