ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月24日

ダルダイ監督「細貝はベストのボランチだが・・・」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元紙: Berliner Kurier,  Berliener Morgenpost


ベルリーナー・クーリエ紙は、状態がなかなか上がらない細貝萌に関する記事を掲載した。
ベルリーナー・クーリエ紙によれば、ダルダイ監督は「何でもやったんだ。朝食を一緒にとったりして多くの会話も行った。しかしなぜあそこまでの不振に陥っているのか分からないんだよ。彼自身が自問自答しなくてはならない」とコメント。

その一方で細貝のことは評価しており「かつての細貝をまだ夢見ている。彼が絶好調になれば、うちでベストのボランチとなるんだ」との考えを示した。

その一方で同紙によれば、前日にBチームで臨んだ細貝が休んだフラム戦でのプレーについて、指揮官は以下のように語ったという。

「我々は中盤に3枚のMFを配置する。そして入れ替わりを激しく行うつもりだ。フラム戦でのプレーは気に入っているよ。あれは理想的だったし、うちのシステムに希望しているものだ。ただブルックスが復帰してそこにルステンベルガーも戻って来ると、更にMFにいい選手が加わることになる。つまりここに8人の選手を抱えることになるのだ。それはハッチにとってはとても厳しい状況だよ」
また地元紙ベルリーナー・モルゲンポストによれば、先日kickerでお伝えした細貝とその代理人が移籍について提案したという件に関して、ダルダイ監督は肯定も否定もせずに「みんな同じように練習している。何人かの選手はいいレベルにあるし、何人かの選手はそこまででもない。そこで自らに問うべきだろう。悪いのは監督なのか、それとも別のことなのか」と語ったとのこと。

これを受けて同紙は、”細貝をどうしてもキープしたいという感じには聞こえない”と記事を結んだ。


kicker日本語版


日本人選手関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報