Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月24日

ヴォルフ、復帰のめどが立たず

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|本来なら既にキャンプで練習参加を果たしているはずだったラファエル・ヴォルフ。だが臀部に負傷を抱える背番号1は、いまだ「日々見ていかなくてはならない」(アイヒン氏)状況にある。



Noch immer individuelles Training: Werder Bremens Torhüter Raphael Wolf.
「臀部の負傷は、GKにとってフィールドプレーヤーよりも重いものなんだ」とスクリプニク監督は語った。

「GKは一瞬で臀部に力を置いて構えなくてはいけない。その時には余計なことを一切省かなくてはならないんだ。それは頭の中の部分のプロセスもある。時間がかかるかもしれんよ」

昨シーズン、先発の座を奪われたことも影響したかもしれない。

スクリプニク監督は「おそらくはハードにトレーニングしすぎてしまったのではないか。もっとうまくポジショニングをとりたくてね」との見方を示した。
kicker.de
ブレーメン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker