ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月23日

「酒井宏樹は定位置争いを受けて立つ」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー|日本代表SB酒井宏樹に、セリエAナポリからの噂が浮上したが、ドゥフナーSDは「チームはできている。どの選手も放出することに関心は無い」との考えを示した。



Hat das Interesse des SSC Neapel geweckt: Hannovers Japaner Hiroki Sakai.
今のところはまだ正式なオファーは届いていないようだが、ナポリからの関心についてドゥフナー氏は「彼の代理会社はイタリアでも活動しているしね」とコメント。

そもそも今季で契約最終年度に入る酒井だが、今オフには右SBでの起用が考えられるオリヴァー・ゾルクが加入、ドイツ代表経験もあるDFを相手に定位置死守に臨まなくてはならない状況にある。

「健全な定位置争いは、重要なことさ」と、ドゥフナーSDは語った。

これまでにもライトラルやペレイラを獲得して、ハノーファーはその状況を作りだそうとしてきた過去がある。

「そして宏樹はそこで踏ん張って、とてもうまくやってきたよ。我々の経験からいって、宏樹はポジション争いを受けて立つと思うね」

たしかにハノーファーにとっては、来夏に移籍金なしで酒井を失う怖さはあるが、しかし移籍金300万ユーロは提示されなくては、売却を検討することはなさそうだ。

kicker.de


最近のハノーファー関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報