Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月22日

クノッヘ、U21代表監督に反抗

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルフスブルク|「野心を持って代表戦に参加したんだけど」と、U21欧州選手権から戻ってきたロビン・クノッヘは口を開いた。「でも代表監督からの言葉が別のものだった」





Robin Knoche und Horst Hrubesch
U21代表ではリーダー的存在としてプレーしていたDF。しかし初戦のセルビア戦でOGを記録してからは、病気のために2試合を欠場。
「3試合目からは、またプレーするはずだったんだよ」とクノッヘ。
しかしフルベシュU21代監督はギンターとハインツを起用し続けた。
「監督からの理由は理解のできるものではなかった」
しかしもうクノッヘは気持ちを切り替えている。クローゼに奪われた先発の座を取り戻さなくてはならない。「全力で臨むよ」
さらにアスクエスの獲得も噂されているところだ。
「争いは常にある。何も新しいことでもないさ」
kicker.de

最近のヴォルフスブルク関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker