Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月21日

長谷部、しばらく右SBでプレーか

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


地元紙:OP-online

オッフェンバッ ハ・ポスト電子版では19・20日の二日にわたり、右SBとしてプレーした長谷部誠に対するフェー監督のコメントを掲載した。




19日の記事では、先日行われたテストマッチで、右SBとしてプレーした長谷部についてフェー監督は「とても素晴らしいプレーを見せていたね。キープ力があって、バランスもとてもうまく取っていた」と高評価。

さらに翌日の記事で、フェー監督は「ゴールドカップに参加したチャンドラーには数日休養を与える」との考えを明かした上で、その右SBでは「長谷部がプレーできるし、私の考えでは彼がベスト。その時は彼がプレーするよ。イグニョフスキもオプションとなるが、メドイェノヴィッチはむしろボランチ向きだね」と語っている。

加えて同紙では、昨シーズンまで長谷部が33試合で先発していたボランチの中心は新戦力ライナルツだと指摘。

フェー監督は「キープ力があり、対人戦に強く、クレバーなパスができる。彼はボランチとしてプレーするよ。相手によってはゲレツギーアやシュテンデラ、長谷部といった力のある選手を並べることになる」と述べた。

なお19日付けのオッペンハイマー・プレッセ電子版では、『少なくともチャンドラーが戻ってくるまでは、長谷部が右SBでプレーすることになりそうだ』との見方を示している。
kicker日本語版
最近の日本人選手関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker