ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月20日

ベッケンバウアー「諦めることこそ最悪」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|バイエルンの元会長フランツ・ベッケンバウアー氏が、移籍の噂が挙がっているマリオ・ゲッツェについてコメントした。
「バイエルンに残ると思うよ。彼には、ここで最も成長できる条件があるんだ。」
「彼は乗り越えなくてはならない。それはどこに移籍したって同じことだよ」と、ベッケンバウアー氏は語った。
「いつだってこういう状況に見舞われるものなんだ。そしてそれをいつか乗り越えなくてはならない。最悪なことは、諦めるということさ」
なおグアルディオラ監督は、会見の席でゲッツェについて「シーズンを通して、バイエルンの選手だと考えている」と述べている。

kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報