Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月20日

武藤「どんどん体調が上がっている」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大衆紙: Bild


ビルト紙は、エヴィアンでのキャンプに参加している今夏加入の新戦力、日本代表FW武藤嘉紀のインタビュー記事を掲載した。
ここまでで抱えている問題について、武藤は「コミュニケーションは当然難しいですよ。でもチームメイトがフレンドリーで親切なので、とても助けになっています」とコメント。

既に覚えたサッカー用語としては「右、左、スルー、シュート」それからしばらく考え「後ろの人!」と笑顔を浮かべて答えている。

日本との違いについては「DFからFWへの切り返し、それは逆でもそうなんですが、とても早いですね。それとフィジカル面で強い!そのあたりはなれて、よくしていかないといけないです」と指摘。

監督の印象については「かつてイタリア人監督の下でプレーしたことがあったんですが、その時から欧州の監督は情熱的だという印象をもっていました。シュミット監督もそうですね」と語り、練習量について問われると「日本でも準備期間中は2部練習でしたから。たいてい朝はランニング、昼はボールを使う感じですね。ここではフィジカルトレーニングもしています。気に入っていますし、いい感じですよ。どんどん体調が良くなっていく!って感じですね」との考えを示した。

そしてドイツでの食事については「ドイツ料理は好きですし、マインツではいろんな国の料理をレストランで食べたいと思います。全然問題ありませんよ!」と述べており、2週間前に結婚した夫人については「キャンプから戻ったらマインツにいる予定です。楽しみですよ!それから部屋を探します」と語っている。

kicker日本語版
日本人選手の関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker