ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月19日

ヴォルフスブルク、ペルー代表MFを「チェック」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルフスブルク|最近数週間で数多くの候補者の名前が浮上しているヴォルフスブルク。マネージャーのアロフス氏は「そのためには、ここのホテルは狭すぎるよ」と笑ったが、先日ペルーから伝えられたカルロス・アスクエスについては「チェックしている」ことを認めた。
Ascues (r.) vs. Vargas
伝えられるところによれば、既にアスクエスはチームメイトに別れを告げ、ドイツへと向かうという。しかしこれについてアロフス氏は「事実ではない」ことを強調。その上で「コパ・アメリカでチェックはした。彼はボランチだが、そこではCBとしてプレーしていた」
大会で3位となったペルー代表の中で、同選手はフランクフルトのザンブラーノとともにCBコンビを形成。
身長192cmのポリバレントな守備的プレーヤーだが、決断については「まだ時期尚早」とアロフス氏。「まだ他にも候補者がいる」と述べている。
その中の一人が、シュトゥットガルトのアントニオ・リュディガーだ。先日関節内視鏡手術を受けたドイツ代表だが、アロフス氏は同選手について「特に新しいことはないよ」と語った。
kicker.de

最近のヴォルフスブルク関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報