Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月19日

ラバディア監督、希望のエクダル獲得

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|ハンブルクはアルビン・エクダルを獲得したことを発表した。ラバディア監督が獲得を希望した25歳のMFは、2019年までの契約にサイン。移籍金額は450万ユーロとみられる。
Albin Ekdal
スウェーデン代表として17試合の出場経験を持つ同選手は、これまでユベントス、シエナ、ボローニャ、カリアリなど7年間をイタリアで過ごしてきた。
先日移籍したベーラミとの入れ替わりという形にはなるが、エクダルはむしろ試合の組み立てや相手を切り崩すようなMFであり、クネーベルSDは「フレキシブルにプレーでき、戦術面で高い評価を得た、正確なパスも披露する選手だよ」と述べている。
一方のエクダルは、ハンブルクへの移籍について、以下のように喜びを語った。

「このチームについては良いことを聞いているよ。それにもちろんオリッチやホルトビーといった知っている選手もいる。ただもちろん多くの選手については、こえれから知り合っていかないとね。ハンブルクはストックホルムとそんなに遠くはないし、直行便もある。イタリアよりははるかに故郷に行きやすくなったのは、とてもうれしいね。家族と多く会えるし、それが力となるよ」

さらにハンブルクはアンドレアス・ヒルツェル(22)をファドゥーツより獲得。3年契約を結んだ同選手は、これからアドラー、ドロブニーに次ぐ第3GKを務めることになる。同選手は「これは大きな挑戦だ。とても楽しみだよ」と喜びを述べている。
kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker