ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年07月18日

ゲルトナー氏「365人が1万に」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴルシュタット|9年間インゴルシュタットの競技部門・コミュニケーション部門の代表を務めてきたハラルド・ゲルトナー氏。遂に1部昇格を果たし迎える新シーズンに向けて、同氏は残留へのチャンスがあるとの見方を示した。


Harald Gärtner
「我々のの考えとしては、確かに1部昇格は多少時期尚早という面もあるかもしれないが、しかし監督と選手たちが見事な取り組みを見せて、ふさわしい形で昇格を果たしたということだよ」
昇格を果たした際には、ビールかけも経験した。
「それは私はデュッセルドルフ、そしてハノーファーでも昇格した際に経験したさ」
おそらくはこれが最後のビールかけにはならないだろう。
「この11年間でインゴルシュタットは、他クラブが50年60年かけてきた成長を見せているんだよ」と胸を張るゲルトナー氏。
「このチームの飛躍は本当に素晴らしいね。私がここに来たとき、1試合あたりの観客動員数は365人だったのだ。それが今は1万のシーズンチケットが売られているよ」
そしてこれからは1部残留に向けてのミッションが待ち受けている。
「確かに1部残留は容易なものではないだろう」と、厳しい戦いになることを予想したが「しかしチャンスはあるさ、最後のゴールラインギリギリで鼻の差で勝てるようなね」と残留への自信も覗かせた。

kicker.de
最近のインゴルシュタットの関連記事